スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Dragonborn】EP.5 - Die Fledermaus




お待ちでした!本当に月末になっちゃいましたね。
なお、来月はフォロワーMODの更新(再公開)の予定がありまするので、このDBRPは再来月の更新になるかもしれないしならないかもしれません。
こ、こまけぇこたぁいいんだよ!!

※今回はフリア視点で進行いたします。





――やってしまった。


EP5-2.png

目の前の敵に気をとられるあまり、少女の接近を察するだけの視野を失い、その首をはねてしまった。やってしまった。彼女、フリアはそう思った。その光景を見るまでは。この有り様を目にするまでは。

なんだこれは――


EP5-3.png


EP5-4.png

なんだ、これは。


EP5-5.png

「……っ!」


EP5-6.png

深紅の双眸と目が合う。それはまるで燃えているような……しかしそこから放たれる殺気はとても冷たく、身震いするほどおぞましい。はねた首は繋がっていて、死んだはずの者がこうしてさも当然のように生きている。フリアは確信する。これは人間ではないと。
これは脅威、怪異、異形、化け物……

――吸血鬼


EP5-7.png

それはやおら動き出し、背負の剣を抜いた。明確な殺意の塊を。


EP5-8.png

(来る!)


EP5-9.png

(っ……!)


EP5-10.png

(速い!)


EP5-11.png

「うぐっ!」


EP5-12.png

斬撃を受け止め、改めて眼前の敵が人間ではないことを自覚する。自分よりも小柄に見えるというのに、この細腕から発揮される怪力はこちらの体をわずかに浮かせ、強引に押しだす。


EP5-13.png


EP5-14.png


EP5-15.png


EP5-16.png

体勢を整える間もなく、瞬発的に突撃してきたその先端を無理やりに体をひねり、避ける。
まさに紙一重だった。だが、ここで怖気づいてはいけない。反撃しなければ!


EP5-17.png

ひねった体が元の位置に戻ろうとする力を利用しつつ、勢いよく斧を振りかざす。だが、手応えは皆無だった。
敵もまたこちらの攻撃をかわしたのかと思い視線をめぐらすが、見当たらない。


EP5-19.png

「消え……」


EP5-20.png

「どうした人間。敵はここにいるぞ」


EP5-21.png


EP5-22.png


EP5-24.png

「ば、化け物めっ……!」

一瞬、なにが起こったのかが理解できなかった。目の前を光が支配し、強い衝撃があったのだけは覚えている。
全身が痛い。だが、死んではいない。まだ体も動く、まだ……戦える!


EP5-23.png

「ああそうだ、俺は化け物だ」


EP5-25.png

「ではどうするんだ? 人間」


EP5-26.png

「化け物と対峙し、追い詰められたとき、お前は……」


EP5-27.png

「どうする」


EP5-28.png

「それが……」


EP5-29.png

「それがどうした吸血鬼! 私はスコールの戦士! 私には使命が、成さねば成らないことがある! こんなところで死ぬつもりはない! どうするだと? 決まっている! お前を……斃す!」


EP5-30.png


EP5-31.png


EP5-32.png

――笑った。
大声で、傲岸に不遜に、しかしおかしなものを馬鹿にするようにでもなく、とてもとても楽しそうに、嬉しそうに、目の前の敵は笑っていた。


EP5-33.png

「そうだそうだ。そうでなくては……やはり人間は素晴らしい。いや、すまなかった。ここまでしておいて何だが、武器を下ろしてくれ。そして許せ」


EP5-34.png

「……? いったい何を言っているの?」

訝しげに、だがどちらかというと納得がいかないという感情のほうが上だった。
騙まし討ちはれっきとした力の差があるときに、弱者が強者に対してするものだからだ。この吸血鬼にそんな小細工は必要ないだろう。悔しいが、この状況を見れば一目瞭然というもの。


EP5-35.png

「俺は敵ではない。少なくともいまは。ただ少し興をそそられてな、戯れただけだ。すまなかった。だから話を聞いてくれ、そしてお前の話を聞かせてくれ、きっと俺とお前の目的は一致しているだろうから」


EP5-36.png

まだ納得しがたいものはあった。だが、もはや殺意のかけらも感じれない者に対して武器を振るうほど見境がないわけではないし、聞く耳をもたないほど愚か者でもない。

「……わかったわ」


EP5-37.png






関連記事

-4 Comments

名無し " "
いいっすなー フォロワーMODも次のエピソードも期待してます!! 
2015.09.28 21:36 | URL | #- [edit]
廃人a " Re: タイトルなし"
> 名無しさん

ありがとうございます!
とにかくフォロワーMODしっかり完成させますw
2015.09.29 19:47 | URL | #- [edit]
kunishige " この躍動感!"
すばらすぃ…魅せられますねぇ
笑うまでの口元のSSが実にヒラノチックなのもいいですなぁ

Newバージョンのフォロワーも楽しみにしております
前髪パッツン時の小夜に和リボンに袴を着用させ切り込み役してもらってますが
きっとガラじゃないとか動きにくいとか言ってんだろなー

Newバージョンの皆には何着せましょうかねぇ…
2015.09.29 21:46 | URL | #- [edit]
廃人a " Re: この躍動感!"
> kunishigeさん

毎度どうもです!
私自身がもう完全にヒラコー信者と化しているので、もはや意識していなくても勝手にそれっぽくなっちゃうんですねw
パクリパクられで騒がしい昨今、気をつけるべきところは気をつけていかなきゃなりませんなぁ……
まぁミナやミナに関するお話はヘルシングのオマージュ的存在だと明言しているので大丈夫だとは思いますけどねw
フォロワーMODですが、次の小夜は髪型的に和リボン合わせやすいと思いますw 親バカありきの主観ですが、前髪パッツンの頃よりさらに和っぽくなってます。主観です!(大事なことなのでry
気長にお待ちいただければと思いますww ありがとうございました!
2015.10.01 00:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://haijin0821.blog.fc2.com/tb.php/127-3afb93f7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。